2017年04月


こんばんはです。
今日もホームシックについてです。

ホームシックになってしまった時にまず頼りにしたくなるのが両親は親友ですよね。

いつも自分の味方でいてくれる両親や親友の存在は本当にありがたいものです。

どうしてもその声が聞きたくなり連絡してしまう気持ちはすごくよく分かります。

しかし今日は言いたいのです、ホームシックになったときにはあまり両親に連絡すべきではないと。

理由はシンプルです。

ホームシックの時に両親に連絡するとホームシックが加速します。

とはいえ連絡することはたくさんあるでしょうからどうしようもないですね笑

大切な事は日本ではなく現地に連絡できる所を持つことです。

日本にいる人にしか連絡ができないと日本に帰りたい気持ちが引っ張られていきます。

絶対に海外に行ったからといって友達が出来ないはずはないですからほんの少しの辛抱ですよ。

そして時間が経過すれば必ずあなたの海外生活は楽しいものになりますから心配しないでください。



こんばんはです。
今日はホームシックになった時の対処法についてです。

ホームシックって海外で生活すると誰にでも起きうる事でよね。

日本国内ならまだどうにかなりますが、海外のなるとなかなか簡単に帰れるわけでもないですしね。

男性のほうがなりやすくて、女性の方が環境に適応しやすいなんて聞いたことがあります。

そしてこれを書いている男性の僕もホームシックになった時期がありました。

ホームシックになったなんて絶対に言いたくないって思って言わないようにしていたんですけどね笑
image

そして今日は先に結論から言います!
ホームシックになっているあなた、

ホームシックは時間の経過が解決します、だから必ず治ります

どれくらい時間が必要かは人によります。
しかし必ず解決します。だからせっかく来た海外、もう少し楽しんでください。

もしかしたら今のあなたは外に出ることすら嫌になっているかもしれません。

どこに行っても何をしてもつまんないと感じてるかもしれません。

そんな時は少しゆっくりしてください。
少し落ち着けば行動する力が湧いてくるはずです。

もし日本人の友達がいれば会って話をしてみてください、日本語で話すと少し落ち着きますよ。

そして行動する力が湧いてきたら次にやることは居場所をつくることです。

学校でもいいです、仕事場でも、ただの友達でも自分が安心できる場所をつくっていくのです。

その時にはダメなら帰ればいいやと思って気楽にいろんな人に話しかけてみてください。(それくらい気楽にって意味で)

きっとわざわざ海外に行くような行動力のあるあなたに合う人はたくさんいますよ。

居場所さえあればそこに住んでいる実感が湧いてきますよ、そしたらあなたは今いる場所をきっと好きになれるはずです。

日本に帰ったらまた戻りたくなるよう場所に出来たらいいですよね。(必ずできますよ)

そして家族や日本の友達より現地の友達との連絡が増えてきたらもうその時のあなたはホームシックだった自分なんて忘れているはずです。

そして帰国する事になった時にはあの時諦めなくて良かったと思えるはずです。
image

あなたが良い海外生活を送れる事を願っています。






こんばんはです。
今日は日本人の外国人コンプレックスについてです。

せっかく海外に行くんだからあわよくば外国人のイケメンor美人な恋人が出来ないかなーなんて思って海外に行く方も多いのではないでしょうか?

外国人って我々にはない魅力があっていいですよね。エキゾチックってやつです。

特に日本人の女性はよく言われる通りかいがいでモテる人が多いですから男性からしたら羨ましい限りです。(男性だってモテない訳ではないぞ!)

実際ぼくの女友達でも外国人男性と付き合ってる人は多かったですね。

そしてオーストラリア人を筆頭に外国人男性の多くは愛情表現の頻度と深さが日本人とは比べ物にならないとみんな口を揃えて言っていました。男性は参考にしましょう

そんな魅力にも惹かれこんなことを言い出す日本人女性が一定数出てきます

「うち、外人の男じゃないとムリなんだよねー」

男性にもいるんでしょうが僕は出会ったことがありません。

今、海外でこれを読んでいる方はこんな人見たことありませんか?

たしかに海外での生活の方が合っている人もいるから何とも言えませんが、個人的にこういった考えの人の多くは実はけっこう辛い思いをしてたりするのかなって思っていて、、、

前に女友達からこんな相談を受けました。

1年半付き合っているオーストラリア人の彼氏がいるからシドニーに残ろうと思っていた。
だけどいざ残ろうと決めたら、

彼が好きなんじゃなくて外人と付き合ってる自分が好きなんじゃないか

オーストラリア人の彼氏がいるステータスを意識しすぎてる気がしている

なんて言っていました。
この友達もかつてシドニーで「うち外人じゃないとムリ」って言っていた1人でした。

みんながみんなこうであるとは思いません。
だけどこういう人って多いのかなって思います、だって外人じゃないとムリなんてわざわざ言ってるわけですから。

本当に性格がとても日本人離れしていて日本人が一切合わない人もいるのかもしれません。

だけど本来あなたと誰かの相性を考える時に、
その相手の人種は関係ないはずです。

あなたがそうであるように日本人離れした日本人も一定数います。

そして何より、外人じゃないとムリという考え方はあなたの選択を限定させ、騙されやすくします。

外人じゃないとムリなんて言った先にはプライドがありますから意地になって外人の恋人を探そうとしますから(付き合ったこともないのに言えないですよね)

だから外人じゃないとムリだなんて個人的には絶対に言っても思っても欲しくないです。

きっとそれはあなたの外人コンプレックスがそう言わせているかもしれないって思いませんか?

あなたは日本人を好きになった事は1度もないですか?

全ての人種の全ての人とフラットに関わる事が出来るようになるといいですよね。その時好きになったのがたまたま外国人だったら良いですね。

これ読んでくれたみなさんが良い海外生活が送るための参考となれば嬉しく思います。

今日も最後まで読んで頂きまありがとうございました。
































こんばんはです。
今日はタイトル通り海外で日本人とどう過ごすべきかの話です。

せっかく海外に行くのだから外国人の友達とたくさん時間を過ごしたい。だから極力、日本人とは話さないで生活しよう!

こんな思いを持って海外での生活を始める人も多いのではないでしょうか?

とても良い心持ちだと思います。
日本人としか関わらない生活をして海外に行った意味をあまり感じられずに帰国してしまう人が一定数いるのは事実です。

僕もオーストラリアに行く前は似たようなことを考えていたんですよね。

じゃあ実際帰国してからどうだったのかなって考えてみると実はけっこう日本人に助けられたなって思うのですよ。

だから今日はこれから海外に行くあなたや少し海外生活に疲れたあなたに僕の経験をシェア出来ればと思います。

image


まずあなたが海外に着いたらやらなくてはならないことがたくさんあります。

オーストラリアであれば銀行口座を開設したり、taxfilenumberを取ったりしなくてはなりませんね。

そんなの自分でできる?
たしかにそうです、僕も自分で調べてやりました。

じゃあそんなあなた、在留届けは出しましたか?
携帯電話はどこで契約したら安いか知ってますか?SIMロックって日本の携帯電話にしかかかってないらしいですよ?

こんな時に日本人の知り合いが1人でもいればかなりスムーズにやるべきことを終わらせることが出来ます。

そしてシドニーに着いて3ヶ月、ようやく慣れてきた頃にみんな同じことを思うのです。

○○(日本でしか買えない何か)食べたいなー

オーストラリアだと食事は特に切実な問題です。

そんな時に例えば永住権を持ってる知り合いが年に1度の帰国をしてるなんてFacebookで投稿してたら、、

頼めますよね、ついでに100均であれ買ってきてなんてことも出来ます。

お礼は帰って来てからしましょう。

そして狭い海外の日本人社会です。
あなたが思っているより近くに普段会えないようなとんでもなく凄い日本人がいるかもしれません。

その日本人から聞いた話や共に過ごした時間はあなたの考え方を大きく変えてしまう事もあるかもしれませんね。

そしてついに帰国する日がきてしまいました。
いろんな思いがあるなかで現実的な問題がたくさん出てきます。

銀行口座はどうしよう?
スーパーアニュエーションの手続きは?
思ったより荷物が増えた、どうやって持って帰ろう?

こんな時にも先に帰国した日本人の友達がいれば心強いですね。

いかがでしょうか?
これは全て実際に僕が経験して感じた事です。

そして何よりも今日伝えたかったのは

日本人だからと避けるのはナンセンスであること

あなたが日本人であることは変えられないこと

です、あなたが悩んでいる事はきっと多くの日本人が悩んでいます。

しかしあなたと同じ悩みを抱えているオーストラリア人はいないかもしれません。

少し肩の力を抜いて日本人だからと毛嫌いせずに目の前の人達と普通に関わるようにしてみてください。

そしたらあなたの海外生活もより良いものになるのではないでしょうか?

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。





こんばんはです。
今日も英語の話です。

1つ前の記事の内容も踏まえてあなたが日本にいる間にすべき最低限の勉強について書いていきたいと思います。
image

ではいきましょう。

1 単語の強化

これは絶対に怠ってはいけないです。
怠るとなかなか理解できるようになりません。

特に日々の生活で使うような単語は無いと非常に困ります。

そして英語が早すぎて聞こえない場合の半分の理由は単語の意味がそもそもわかっていないからです。

例えば銀行のATMでよく見かける単語 verifyの意味はわかりますか?

ネイティブではない人からすれば単語は永遠に課題であり続けると思います、ぜひ今日からはじめましょう。

2 大量のリスニング

英語を聞き取れるようになるには英語の周波数に耳を慣らす必要があります。

そのためにはとにかく大量のリスニングが必要になります。

コツはとにかく大量にです。

分からなくてもいいのです、耳を慣らす必要があるのですからとりあえず大量にですよ。

映像がついてると理解しやすいですよね、英語のテレビ番組なんてyoytubeで見てみるなんてどうでしょうか?

3 都市部の外国人が集まる場所に行く

日本にも外国人の集まる場所はあります。
東京なら浅草、六本木などですね。

そういった場所のバーにでも行って外国人に話しかけてみてください。

彼らの多くは普通に英語を話しますから。

これはスピーキングの練習になります。

なにより自分なりの英語で人とコミュニケーションをとる方法を見つけれるのがいいですよね。

そして積極性を身に付けてください。

その力は海外で絶対に役に立ちます。
それは英語のためだけではありません、ありとあらゆるシチュエーションで役に立ちます。

ぜひ騙されたと思いこの3つを意識した英語学習をしてみてください。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。





↑このページのトップヘ