こんばんはです。
オーストラリアでタバコを買う時にいくつか気を付けなくてはいけないことがあります。

海外での生活はいろいろ間違いながらいろいろと覚えていくものだとは思います。

またそれが楽しくもあるのですが、何にせよオーストラリアでのタバコの値段はそこそこ高いものですから出来る事なら余計な出費は避けてほしいとも思うのです。

失敗は恋愛と仕事だけで十分じゃないかと思うのです笑。

ってことでオーストラリアでタバコを買う際の注意点3ついってみましょう。

image

(パッケージの写真がなかなかグロテスク笑)

1.IDは必ず持っていく

アジア人は若く見られるので年齢確認される可能性が非常に高いです。30過ぎた日本人でもほぼ例外なく年齢確認されてました(笑)

20代後半とか30代前半とかでもタバコを買う際はパスポートなどの身分証明書を持っていきましょう。

2.シガレットと店員には伝える

日本でタバコというとボックスのタバコをイメージしますよね。オーストラリアでtabacoがほしいというとおそらく手巻きタバコ用の葉っぱだけを渡されます。

ボックスのタバコを買いたい場合はcigaretteと言って買いましょう。

3.タールの強さは色で言う

日本ではタールの強さを「何ミリ」と言いますよね。オーストラリアのタバコには何ミリという表示はなく「Blue.Gold.Red」というふうに色で表示しています。

ブルーが弱くレッドが強い色になります。

銘柄だけを伝えると「どの色?」って聞かれるはずです。日本で8ミリのタバコを吸っていた僕でもBlueで十分だったので最初はBlueで十分じゃないかなあって思います。

いかがでしょうか?
とりあえずこの3つだけ気を付ければ問題無しです。

いろいろ試して自分のお気に入りを見つけてみてください。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。