こんばんはです。

僕はオーストラリアにラグビーをしに行ったわけではありません。

しかしオーストラリアに行ってラグビーをして得たものがたくさんありました。

そんな話をシェアできたらと思い今日はブログを書きます。

今日するのはある日ラグビーの試合中にミスをしてチームメイトに口がすべってsorryと言ってしまった時の話です。

よくどんなスポーツでも日本人はチームワークに優れていると言われます。

たしかに日本人の他人を必要以上に気遣う良い部分がチームスポーツで発揮されることがよくあります。

そして他人(チーム)の為に尽くすプレーヤーも多く負けていても諦めずにプレーする選手の割合も多い気がします。

それに比べてオーストラリア人はかなり極端で少し点差が出来るとすぐやる気のないプレーをする選手も多いですし、それをあまり怒る人もいません。

そして何より僕が日本人とオーストラリア人の両方とプレーして感じたのがミスをした際の対応の違いでした。

日本人はほぼ必ず謝りオーストラリア人はほぼ必ず謝りません笑

この極端な違いは何なのか、僕は単純に言語の違い、ヨーロッパ系人種が個人主義的な発想が多いことの二つなのだと勝手に思っていました。

しかしある日気を付けていたのに僕がミスをしてうっかりクセでオーストラリア人に謝ってしまいました。笑

その時彼は怒りながら僕にこんな事を言いました。

謝る必要はない、この試合で活躍しろ。謝っただけでは何も変わらない

試合中にカッコいいこと言うなあいつ笑

何となく彼らの価値観の少し深い所を見れた気がしました。

彼は「ミスをしたから謝るのが大嫌いだ、ミスが起きるのが前提でラグビーをしている、とにかく試合が終わる時に勝っていたいんだ。だから謝るんじゃなくてそのあと活躍してほしい。」

「逆にミスをして謝ったら許されると思っているなら間違っている、とにかく勝つためにどうするかが重要なんだ。」

と試合後に話を聞いたら言っていました。

遠回しに日本人の一部を批判されていますが笑、我々日本人にはとても参考になる意見ではないでしょうか?

言葉にあまり責任がない文化であるがゆえ、そういった考え方になるのかもしれません。(流行りの行く行く詐欺とかオーストラリアでは常識すぎて笑えません)

しかし何より謝って人の目を気にしてプレーしてるような人はオーストラリアではほとんど見ませんでした。
image

日本の良いところオーストラリアの良いところ、いろんな考え方の指導者が増えて日本のスポーツ、教育、ありとあらゆるものが良くなっていけばいいですね。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。